インフルエンザのシーズンと地域について

インフルエンザの患者が多く発生するシーズンは秋から冬にかけてです。この時期はすべての地域でインフルエンザの患者が発生しています。
昨今、行政機関から都道府県別のインフルエンザの患者数や流行度合が発表されるようになりました。患者が最も発生するこのシーズンはほとんどの地域で警報が発令され、注意をしなければならなくなります。このシーズンは多くの人々が集まり、不特定多数の人間が出入りする学校や企業で多くの患者が発生しています。さらに、その状況が悪化すると地域によっては学級閉鎖や学年閉鎖を行います。家庭によっては家族に大きな負担をかける事になります。企業でも多くの人々が出勤停止となり、業務がスムーズに行われなくなります。
地域に関係なくインフルエンザの患者が多く発生するシーズンは手洗い、うがい、マスクの装着といった当たり前の事をいつもより丁寧に行う事が重要です。また、インフルエンザになってしまった時は医療機関で適切なケアを受け、自宅で安静にし、体力を回復させる事が大事です。罹った人はマスクを必ず装着し、地域の人々に拡散しないように注意すべきです。
患者の多いシーズンにインフルエンザになると病院の長い待ち時間で疲弊させ、体の状態がさらに悪くなるおそれもあります。
人々は日々発表されるインフルエンザの患者数に目を向け、それにならないための準備をしておくべきです。秋冬シーズンに多くの患者を発生させないためにはその時期が来るまでに予防接種を受けさせる事です。予防接種を受ければそれにかかりにくくなるため、最も患者が多く発生する時であっても医療機関がその患者であふれるという事はないです。
地域と住民が一体となってそのシーズンに向けての準備を早めにする事が非常に重要です。